フランチャイズ店の店長の役割【ビジネスマンの心得】

フランチャイズ店舗の店長という立場は大きく見ればオーナー店長か雇われてその職務についている店長のどちらかでしょう。

いずれの場合においてもフランチャイズ店は店の売り上げや来客数が直接、経営に響いてきます。直営店の店長が楽な立場とは言いませんが生活がダイレクトにかかっているという点だけを見れば生半可な気持ちでやれるような職務ではないという事が言えるでしょう。

金銭管理はシビアに行う

ただ、フランチャイズ店の店長だからといってやることは他の店舗の店長さんたちと違う事はありません。一点、大きく違うのはそのお店の売り上げが自分の給料の元になるということでしょう。よって日々の現金を含む金銭管理は直営店のそれよりもかなりシビアな管理となるでしょう。

では、具体的に店長が行わなければならない職務を具体的に見ていきます。

『販売員として』:販売のプロに徹する

店長は当然ながらその店舗の誰よりも販売力を持っていなければなりません。商品知識、売価、原価、他店との価格差などありとあらゆる知識や情報を駆使してお客様に納得していただかなければなりません。アルバイトさんやパートさんが仕事の事で質問してきた場合でもどんな事でも答えられないといけません。

店長が分からないという事はその店の誰も、その解決法を分からないという事になります。これでは店舗を任されている立場とは言えません。

また店長はどのスタッフさんよりも人一倍元気で声も大きくはっきりと発声します。「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」などの挨拶言葉も誰にも負けることなく発生します。店長がやらなければ恐らくスタッフもやらなくなるでしょう。お店に立つ限りは店長は販売員であり皆が背中を見ている立場であるのです。

『数値管理』:ビジネスは冷静な判断力が必用

店長が最も気合を入れて行わなければならない職務の一つです。店長はお店のあらゆる仕事を数値化して頭の中にインプットしていなければなりません。これが出来ないようでは店長の役割を全うするのは少々、難しいでしょう。

先ほども申し上げたようにフランチャイズ店の売り上げはそこで働く人たちの給与にダイレクトに響いてきます。売り上げが上がりもしていないのにアルバイトさんを必要以上、シフトに入れるわけにはいきません。たちどころに店舗運営に支障をきたします。

店舗にとって毎月かかってくる経費の中でも人件費というのが最も大きなウエイトを占めます。単日での売り上げ予算が頭に入っているのは勿論の事として何時から何時までの売り上げ予測、そしてその時間帯に必要な最適な人員配置、それを丸一日単位できちんと数字に置き換えて管理できているかどうか。優秀な店長になれるかどうかの分岐点です。

数値管理が正しく行えているという事はビジネスを正しく行ってるいるという事です。ビジネスに恩も情も義理も存在しません。正しい数字管理のみがお店に利益を残すのです。

私情に弱い人ならば店長という立場に就くことをお勧めしません。経営というものはシビアで時に非常です。お店の経営状態が悪くなったりすれば真っ先にやらなければならないのは人員整理です。俗にいうリストラですね。

自分の腕の未熟さでスタッフたちの生活を路頭に迷わせるようなことはやはりしてはいけません。そのためにも店長は日頃から私情を捨てて厳しく数字を追いかけていかなければならないのです。
<h4『客数増の為の戦略・戦術』:常に真剣勝負の気持ちで

店舗の売上高は客数アップが最も簡単な方法です。店長はいかにすれば客数を増加させ売り上げをアップできるか。常にこのことを考え続けなければなりません。

商品構成は常に考え続けなければなりません。特に物販重視の店舗であるならば今、何が売れていてどんな層に買ってもらえるのか。最新の流行商品を扱っているのか。デッド商品、つまり死筋商品が店内にあるのか、最も売れている商品を把握しているのか、売れている商品を切らしたりしていないか、など。一点でも売り損ねる事は明日の経営に支障が出ると思う位の意気込みで真剣勝負を仕掛けていかなければなりません。

守りに入ったら飽きられる:常に攻めの姿勢を持つ

そして時には販促キャンペーンとしてチラシを打って売り出しをかけるなど、常に攻める姿勢を持ち続ける事が必要です。

店長が守りに入ってしまったらお店の売り上げは確実に下がります。お客様は常に新しいサービスを求めています。価格に
ついてもそうです。1円でも安いお店を見つけたらそのお店を贔屓の店舗にするでしょう。

店長は近隣の競合店の状況も常にチェックしなければならないのです。価格を調べるのは勿論、品揃えや売れ筋商品など、常に店長の頭の中には最新の情報が入っているように努めましょう。

以上、ざっと駆け足で店長が行わなければならない役割をみてきました。この内容は店長が行わなければならない中身のほんの一部です。店長の仕事はここで終わりという境界線はありません。店長は船で例えれば船長なのです。店長が舵取りをやらないと船はどの方向へ行っていいのか分からなくなります。

そのためにも店長は絶えずあらゆる方向へアンテナを張り、情報収集や勉強を行わなければなりません。

参考:フランチャイズの店舗運営



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です