はじめに 店舗経営とは【ネットショップに負けないために】

ようこそ、店舗経営.comにお越しいただき、誠にありがとうございます。サイト主のひでと申します。

このサイトでは店舗経営についての情報を私の経験をもとに発信させていただきたいと思い作りました。

店舗経営とは

世の中には仕事の種類は無数にあります。営業、サービス、事務職等々。

今回ここで紹介させていただきます店舗関連の仕事は私たちの身近に様々な業態で目にすることがあるでしょう。

ファースト・フード、ラーメン屋、居酒屋、フレンチなどの飲食系。カジュアルや紳士服、婦人服などの衣料系、各種ドラッグストアや量販店、スーパーやホームセンターなど実に多岐にわたって存在しています。

この中で私が実際経験したのは「ペット業界」「回転寿司」「居酒屋」となります。

これらの業態に共通するのはどの形態でも必ずお店=店舗がありそこに店長以下複数の従業員がいて多種多様な不特定多数のお客様をターゲットにして日々、営業を行っていることです。

それとこれらの仕事は業態が変われど変わらない共通する概念があります。

それは「お客様から給料をいただいている」という事です。

この概念は直接的に感じ取れる店舗という場所に身をおいているからこそ、ひしひしと感じ取れます。

お客様から給料をいただいているということ

ところが案外この最も分かりやすい理屈が頭にはいっていないスタッフたちが多くいます。お店さえ開けていれば勝手にお客さんがやってきてくれてそこそこの売上が日々入ってくる。店舗の仕事はちょろいもんだ、なんていうとんでもない考え方を。

とんでもない事です。実際にやってみればわかりますがお店というのはほっておくと確実に衰退します。店長が手を入れ知恵を絞ってああでもない、こうでもないと考えながら行動を起こすから商売として成り立つ訳です。

毎日、店舗内や外をきれいに掃除するからお店がいつまでも若々しく保たれるのです。活気のある雰囲気も店長以下スタッフたちが元気で大きな声で挨拶し接客するからお客様に認知されリピーターとなっていただけるのです。

決してほったらかしで成り立つような甘い世界ではありません。そういう意味では同じ商品を販売するにしても実店舗とネットの世界でその立ち位置が大きく違うでしょう。

ネット販売と店舗販売の違い

ネットの世界はとても手軽です。いつでもどこにいても欲しいモノが簡単に購入できます。価格も競合他社をよく研究し1円でも安くしてみたり送料をサービスするなどの努力も行っていますがやはりこの「手軽さ」が最大の魅力でしょう。

参考:ネット通販の導入について

一方、店舗の方はというと品揃えはその店舗の規模次第になります。郊外型の巨大店舗であればそれこそ欲しいものはたいてい揃うでしょう。しかし市内のロードサイド店舗の規模だとそこまでの大型化はちょっと無理です。

しかしながら、実店舗の何よりの魅力は実際に商品を手に取って確認することができることです。さらにその商品の事についてわからないことをスタッフさんに詳しく教えてもらえるということもできます。

つまり店舗は目で見る楽しさと耳で聞く感覚。さらに店内BGMや焼き物などのおいしい匂いなど人間の五感全てに訴えかけてきてひと時の楽しい非日常空間を味わえるというメリットがあるのです。

これはネットの世界では実現できない部分です。情報が一方通行なネットに対して双コミュニケーション型なのが実店舗と言えるでしょう。

ネットショップに負けないためには

ネットが今や常識の時代となった今と違い30年程前の時代にはまだパソコンは普及する前の時でした。当然、商品を買うためにはお客様は自分の足で店舗に行かなければならなかった訳です。

しかし、今はそういった甘い時代ではありません。ネットショップは実店舗にとってみてはものすごい驚異です。日々の営業努力を怠ると一気にネットショッピングにお客様をさらわれます。21世紀はネットと実店舗が互いの生き残りをかけて戦う真剣勝負の世界となっているのです。

だからといって過敏に考えすぎる必要もないでしょう。物販のケースががネットの驚異に晒されているような感じはあるでしょうが実際はそこまで実店舗がやられているという状況ではありません。

やはり魅力のある店舗にはしっかりと固定客がつきます。そういったお客様からのクチコミ効果でまたお客様は増えます。この繰り返しが店舗にとっては重要なのですがこの実績は即、目に見える実績となるので店舗側は正しい運営を行っていれば決してネットに負ける事はないという確信を持てるのです。

ただ、大手が運営しているネットショップはやはり手ごわいです。品揃えが半端ではありません。そこがネットの最大の強みです。新製品やお買い得品が絶えず豊富に揃っています。ネット販売で十分というお客さまにとってはわざわざお店に足を運ぶ必要もないと考えるのも無理はないでしょう。そこを実店舗がどやって立ち向かうか。それともうまく共存してやっていけるのか。予想をする事は全くできない現状です。

それでは長くなりましたが実店舗の実際の運営のやり方、店長の役割、新規出店などに際しての注意事項など店舗運営全般に関わる事柄を一つ一つ拾っていって書いていきたいと思います。

尚、題材やテーマは私が在籍していた「ペット」「回転寿司」「居酒屋」という異なったそれぞれの業界での経験を下に書かさせていただきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です